44歳で妊娠した話

2018年、44歳で自然妊娠、45歳になり出産が近づいてきました。

妊娠初期の体調の変化(つわり)

妊娠初期に多くの妊婦さんが苦しめられる、つわり(悪阻)。
よく聞く悪阻の症状は
・匂いに敏感になる。ご飯の湯気の匂いなどが苦手になり、食事の準備が苦痛。
・食べ物の好みが変わる。酸っぱいものを欲したり、ファーストフードなどジャンクなものが好きになったり。

・吐き気がしてあまり食べられない。
・頭痛
・眠気、だるさ
などがよくあげられます。

 

どんな症状が現れるかは、妊娠してみないと分かりません。これが困りもの(^^; 

どんなに日頃健康的な食生活をしていても、若く見えても、スポーツしていても、悪阻が軽いとは限らないし、逆に夜更かししてジャンクフード食べてるような人が悪阻と無縁でピンピンしてることもあります。

 

悪阻を軽くする方法なんてものがあれば嬉しいのですが、ないようですね。。。
ネットで「悪阻 軽くする方法」なんて検索するとたくさんの記事が出てくるのですが、悪阻を無くすることはできないので、何とか受け流しましょう、という感じの記事ばかり。匂いが気持ち悪ければ「冷やしたりして匂いを抑える」、吐き気がするなら「悪阻がおさまるまでは食べられるものだけ食べる」「ゼリー状のものを食べる」とか。
大抵は安定期に入る頃にはおさまるから、それを信じて待て、ってことのようです。

 


ちなみに私の場合、ラッキーなことに悪阻らしい悪阻がないので、かなり普段通りの生活ができています。これは前の2人の時も同じ。
・眠い。
・何となく疲れやすいような気がする。

・美味しいはずのビールが美味しくなく感じられるようになった。
・小腹がすく。
というのが変化らしい変化。

 

でもそれって

・眠い。→昼寝、夜も早寝をすればOK。

・何となく疲れやすいような気がする。 →動き回りすぎずのんびりやればOK。

・美味しいはずのビールが美味しくなく感じられるようになった。 →自然と禁酒生活になったのでむしろ良かった。
・小腹がすく。→ちょこちょこつまみ食いすればOK。

という感じで、簡単にクリアできることばかり。

あとは普段とあまり変わらないので、ほぼいつも通りの生活をしています。

家事もゆっくりペースながら普段通りにできるし、料理も普段と同じメニューを普段通りに作って食べています。激しい運動は避けた方がいいかな。。。と思い、遠くまで自転車で出掛けるとか子供と走り回るとかはしなくなりましたが。


ちなみに私の母に聞いてみたら、母の妊婦時代も
「ん~、悪阻ね~、大したことなかったよ。ちょっと眠いくらいで」
とのこと。このラッキーな体質を受け継いだようです。ありがとうお母さん(^^)

年齢のこともあり、前の妊娠とは同じようにはいかないだろうな、トラブルもあるんだろうな。。。と不安もあったのですが、今のところ順調のようです。



でも、先日は趣味のゴスペル教室のレッスンで2時間近く立ちっぱなしで歌っていたら、さすがに夜にお腹が痛くなりました(^^; やはり普段より控えめにしないといけないなぁ。。。と反省。

 

 

 

ブログランキングに参加してみました。よろしければポチッと押してみてください♪

にほんブログ村 マタニティーブログへ

にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク妊娠・出産へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ