44歳で妊娠した話

2018年、44歳で自然妊娠、45歳で出産しました。

【私の場合】2人目の妊娠(2)自宅安静

のんびり過ごしていた2人目妊娠生活でしたが、妊娠後期の大晦日

この時は毎年恒例だった夫実家への帰省をやめて、自宅で新年を迎えることにしていたので、おせち料理の準備などしていたのですが、なんだかんだで半日くらいキッチンに立ちっぱなしだったような。。。

 

そしたら元旦の早朝、腹痛で目が覚めました。
生理痛よりずっと痛い感じがして、これはちょっと普通の腹痛でもない、お腹の張りでもない、まさか陣痛?、早すぎ?、良くないのでは。。。?という気がして、夫を起こし、病院に電話をして、朝っぱらに診察を受けました。


診ていただいたところ、子宮頸管が短くなっているとのこと。子宮から赤ちゃんの出口までの通路は普通は閉じているのだけど、これが開いてきている、と。
心当たりは、おせち料理作る作業(^^; 立ちっぱなしだったし、栗きんとん用にさつまいもを裏ごししたりするときには力を入れるのでお腹に力が加わってたかなぁ。。。と。


先生には、入院しなくてもいいけど、安静にするように言われました。体を横にしておとなしくしていれば、子宮口は閉じてくるはず、せめて臨月までは赤ちゃんはお腹の中で育てた方が良い、とのこと。


そんなわけで、新年はソファでゴロゴロしてのスタートでした。実家への挨拶の電話は「あけましておめでとう」ではなく「自宅安静になっちゃったよ~」という報告(^^;

 

 

 

ブログランキングに参加してみました。よろしければポチッと押してみてください♪

にほんブログ村 マタニティーブログへ

にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク妊娠・出産へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ