44歳で妊娠した話

2018年、44歳で自然妊娠、45歳で出産しました。

【私の場合】2人目の妊娠(4)いよいよ誕生

臨月になり、娘の誕生日祝いも過ぎ、もう産まれてきていいよ~という時期になったとある日の夜。


「ブツッ」という音が聞こえたような気がして、何やら水が。。。破水です。

 

タイミング悪く夫は飲み会の真っ最中。
まず病院に電話してすぐに診てもらうことにして、飲み会中の夫にも電話。

風呂上がりのパジャマ姿だった母には服に着替えてもらい、病院までタクシーで一緒に来てもらうことに。

突然のことで何がどうなってるか分からない娘は父と家でお留守番。


私はそのまま入院。夫は飲み会から病院に駆け付けてくれて母とバトンタッチ。
そこから陣痛が始まり、徐々に強まってきて、破水から3時間ほどで産まれました。

1人目を無痛で産んだ私にとっては、普通に産んだ今回はものすごく痛かったのですが、破水~陣痛の始まりから3時間程度というのは「とても安産」のようですね(^^;

 

ちなみに、陣痛の間は途中経過を看護師さんか助産師さんが見に来てくれるのですが、子宮口の開き具合などを見ては
「この感じじゃ明日の朝までかかるかもね~」 なんて言っていました。
痛みが増してきてつらい妊婦に対してそりゃないんじゃないでしょうか。。。(-_-;

まぁそんなセリフを吹き飛ばして、日付が変わる前には産まれてくれたわけですが。

夫は誕生を見届けて帰宅。翌朝、両親と娘に誕生を知らせたようです。

 

f:id:masakanobaby:20180801180348j:plain

 


翌日、面会時間になるのを待って、娘と両親が来てくれました。 小さな小さな赤ん坊を指先でツンツン触る娘。待望の弟との対面をとても喜んでいました。
そして、初めて産まれたての孫を見た両親も、とても喜んでくれていました。ウトウト夢うつつの息子を代わる代わる抱っこしては顔を覗き込んだり、写真を撮ったり。

 

アメリカでの、身内が夫しかいない1人目出産と違って、今回は賑やかに皆で家族の誕生を祝うことができました。

 

 

ブログランキングに参加してみました。よろしければポチッと押してみてください♪

にほんブログ村 マタニティーブログへ

にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク妊娠・出産へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ