44歳で妊娠した話

2018年、44歳で自然妊娠、45歳で出産しました。

液体ミルク、販売開始!

テレビでも取り上げられていましたが、先日ついに液体ミルクが日本でも販売開始となりました。素晴らしい!ずーっと前から言われてたのになかなか実現しなかった液体ミルク、やっとです。

 

アイクレオ 赤ちゃんミルク 125ml×12本入り 常温で飲める液体ミルク 【0ヵ月から】

 

日本で注目が集まったのは、震災などの災害時です。

災害で清潔な水が手に入らなくなると、赤ちゃんのミルクを作るときに困るのです。まだ幼く抵抗力の弱い赤ん坊に、清潔でない水でミルクを作って飲ませるのは衛生上よくありません。また、粉ミルクはお湯で溶かしてから冷まして飲ませるのですが、災害でガスも止まってたりするとお湯が手に入らないのです。

母乳飲ませればいいじゃん、と思う方。災害の時はストレスで母乳が出なくなった母親もいるのです。

 

そんなわけで、初めから液体状のミルクがあれば、すぐに赤ちゃんに飲ませられて便利なのです。実際、東日本大震災などの時にも海外から支援物資として送られたのですが、使った自治体と使わなかった自治体があるようです。いわく、「日本では液体ミルクは認可されていない」「前例がないので使用できない」。。。なんともったいない。。。(-_-; 個人的には「ラベルが英語だから読めなくて使えなかった」も結構多いと思っています(^^;

 

お湯を沸かして、お湯と粉の量を測って、粉を溶かして、それを飲めるくらいにまで冷まして。。。って、粉ミルクの何と手間のかかることでしょう(-_-; それをお腹空いてギャーギャー泣く子供の声に急かされながらやるんですから、大変です。

それに比べて、常温保存OKの液体ミルクなら、哺乳瓶に移し替えるだけでいつも同じ味の清潔なミルクが飲ませられるのです。便利すぎ! 日本で今まで売ってなかったのが本当に不思議なくらいですが、いくらママが、女性が訴えたところで動いてくれないのがこの国なので、ね。。。

 

ちなみに海外ではもう一歩進んで、紙パックではなくプラスチックやガラスの瓶の液体ミルクがあります。フタを取って、哺乳瓶の飲み口を付ければ飲ませられる。日本もそこまで便利になってくれるといいな~。

 

 

で、せっかくなので試しに買ってみよう♪と思って近所の西松屋に行ってみたのですが、ありませんでした。え?まだ売ってないの?と思って店員さんに聞いたら

「入荷したんですけど、売り切れちゃいました」

とのこと。

 

売れるんじゃん! 欲しい人いっぱいいるんじゃん! もっと早く作ってくれれば良かったじゃん! 

他社もこれから販売するようだけど、まずは一発目に販売開始してくれたグリコさんありがとう!

 

 

どこかで売ってたら買います、私。家に常備します。

そしたら、私もラクだし、夫や子ども達に三太郎のお世話をしてもらう時もラクだしね(^^)

 

抱っこ紐とスリング

二太郎の育児の時に使ったスリング。もう使うことはない。。。としまい込んだままでしたが、8年後まさかの再登場。三太郎を抱っこするのに使っています。

 

最近の抱っこ紐は、縦抱きが主流ですね。

エルゴベビー(Ergobaby) 抱っこ紐 おんぶ可 [日本正規品保証付](日本限定ベビーウエストベルト付) (洗濯機で洗える) ベビーキャリア デザイナー Lee ジェルトデニム CREGBCALEE

 

でも産婦人科助産師さんのお話では、産まれてすぐに縦抱きするのは良くないので、抱っこ紐に「新生児からOK」と書いていても、首や腰がしっかりするまでは縦抱きしない方がよいとのことでした。

なので、二太郎の時と同じく今回もスリングを使っています。

 

WANYI スリング ベビー スリング 新生児 多機能 抱っこひも 新生児 ベビーキャリア 軽い 軽量 新生児から3歳頃ま で使えるベビースリング 出産祝いにも, 抱っこひも新生児 (グレー)

 

生後3か月を過ぎて、最近は縦抱きの抱っこ紐の方がおとなしくしていてくれる日もあるので、先日の一姫の学校行事の時には縦抱きにしました。でも助産師さんの言葉の方が正しいような気もするので、あまり長時間縦抱きしないようにしています。

  

さてこの先は一姫の卒業式と入学式がありますが。。。スリングと縦抱き、どっちの抱っこ紐がいいのかな。。。長時間静かにしていてくれるかな。。。

 

趣味、再開

以前から通っていたゴスペル教室。出産で少しお休みしていましたが、再開しました。

先生が「子どもがいるからという理由で趣味を諦めてほしくない」と言ってくださり、子連れOKにしてくれているので。

ありがたいです(^^)

当日は少し早くスタジオに着いたのですが、先生、ピアニストの他は、赤ちゃんを抱っこしたママ2人とパパ1人だけ。そこに私も加わり、子連ればっか。。。ここは子育て広場ですか?という感じ(^^;

ママパパは子どもを抱っこしたり、マットや座布団に寝かせてみたりしながら、歌います。子どもが気になるのでしっかりレッスンに集中できるわけではないのですが。。。

 

定期的に通える場所があるって、いいです。

それは趣味の場所だったり、職場だったり、実家や親族の集まりだったり、友達のグループだったり、子育て広場だったり、色々なんだと思いますが。

赤ん坊と引きこもるように家にばかりいるのではなく、定期的に行く場所があることで生活のリズムができるし、そこに行くことで気分転換できると分かっていることで気持ちが落ち着くし。

 

 

三太郎は生後3ヶ月半。

外に連れて歩くには早すぎる、と思う人もいるかもしれませんが、私にとってはもう3ヶ月も経ってしっかりしてきたから外出は全然OKじゃないの?という感じです。いつ起きていつ寝るかよく分からない息子の様子に振り回されるより、ほどほどに出掛ける予定を入れちゃって、泣いたりしたらその都度対応する方がラクな気がします。