44歳で妊娠した話

2018年、44歳で自然妊娠、45歳になり出産が近づいてきました。

ハイリスク妊娠

お腹すくすく~(29w4d)

暑かった夏が終わった!と思ったら、ご近所のキンモクセイの甘い香りが流れてくるようになりました。秋ですね。急に涼しくなり、長袖のマタニティウェアも準備しなくちゃいけないな。。。という気候になりました。 妊娠29週目。ここ数日急にお腹が空くよう…

妊婦健診(22w4d)

前の健診で「頭のあたりをもう少し診たいので、次は2~3週間後に」と言われ、ちょっと気掛かりなまま、でも「すぐに大きな病院で検査を!」とかいう話ではなかったので、きっと大丈夫だろう、と言い聞かせつつ、ドキドキな日々を過ごしました。 で、エコー…

妊婦健診(20w2d)

久しぶりの健診です。前回は入院騒動でバタバタでしたが、その後は症状が再発することもなく、落ち着いていました。胎動が感じられるようになり、あ~無事に育ってるな~元気だな~と嬉しく思いながら過ごす日々です。 今回は、子供達が夏休みに入ったので健…

母親学級

「母親学級」は、ある程度大きな病院なら病院主催のものがありますし、市町村の保健センターなどで開催している場合もあるようです。また、最近は育児は両親でやるもの、という意識が高まりつつあるので「両親学級」として父親も参加できる場合もあります。 …

退院!

ブログをご覧の皆様。。。そんなに多くはないかもしれませんが。 ご心配おかけしました。退院しました。 1日目:「尿閉」で入院。でも昼間は特に問題ありませんでした。深夜、尿意はあるもののやはり出ず、看護師さんに導尿してもらう。 2日目:昼間はやは…

妊娠中の尿閉

入院してしまい、暇だったのでスマホ片手に「尿閉 妊娠」などのキーワードで検索してみました。あまり症例が多くはないようですが、同じような経験をなさった方のブログなどがいくつか見つかりました。やはり、尿の出が悪くなって入院とか、導尿とか。 私の…

突然の入院生活

昨日、尿が出づらくて診察を受けたのですが、先生に 「1、2週間入院したほうがいいね~」 とさらりと言われ、出産以外で入院したことのない私は焦りまくりました(^^;子供たちどうすればいい? 旦那だってそうそう仕事休めないし。 少しだけど私にも仕事や…

余裕かましてる場合じゃなかった

昨日まで、トラブルらしいトラブルはないし、高齢出産余裕かも なぁんて思っていましたが、来ましたトラブル。。。(*_*)まぁ赤ちゃん無事なのでいいのですが。ここ何日か、トイレに行っても尿が出づらくて、でもあまりお腹に力を入れるのも怖くて、困ってい…

妊娠初期の体調の変化(つわり)

妊娠初期に多くの妊婦さんが苦しめられる、つわり(悪阻)。よく聞く悪阻の症状は・匂いに敏感になる。ご飯の湯気の匂いなどが苦手になり、食事の準備が苦痛。・食べ物の好みが変わる。酸っぱいものを欲したり、ファーストフードなどジャンクなものが好きにな…

初産婦と経産婦の違い(3)帝王切開

帝王切開についてもグラフがあったのでご紹介します。 まずは、初産婦と経産婦の比較。 初産婦の場合は30代前半で26.03%、約4人に1人が帝王切開。 そこから年齢とともに帝王切開の割合が増えていき、45歳以上だと66%。3人に2人は帝王切開な…

初産婦と経産婦の違い(2)前置胎盤

前置胎盤とは、赤ちゃんに栄養を送るための胎盤が、子宮の出口のあたりにできてしまうことです。妊娠後期までに胎盤の位置は多少変わるのですが、子宮口を塞いでしまうような位置に胎盤がある場合は、出血などの恐れがあるので安静にして過ごし、帝王切開で…

初産婦と経産婦の違い(1)妊娠高血圧腎症

少し前に、初産婦と経産婦の違いってよく分からない、と書きましたが。。。 masakanobaby.hatenablog.com ネットを見ていたらちょうどよさそうなデータが見つかったのでご紹介! まずは、妊娠高血圧腎症。昔は「妊娠中毒症」と呼んだりもしていたそうですが…

初産婦と経産婦の違いって?

本やネットで調べているのですが、初産婦と経産婦の違いってよく分かりません。。。(^^; 分からないというか、ちょうどいい論文とか統計結果がなかなか見つからず、はっきりしません。「高齢の初産婦は~」という話ばかりで、高齢の経産婦の話が意外とないの…

ハイリスク妊婦の産婦人科の選び方

若くて健康な妊婦さんと同じようにはいかないのが高齢妊婦。高齢、という言葉は何だか嬉しくないですけどね。。。(-_-; ハイリスクと分類されるのです、40過ぎは。 妊娠中の糖尿病や高血圧などのリスクもあれば、出産時のリスクもある(高齢だと難産になり…

【私の場合】産婦人科探し&初診

前回の出産、8年前に下の子を産んだ病院は、我が家から一番近く、子供達でも歩いて行ける距離。今回もここで。。。と思ったのですが。 受付で問診票を書いたところ、「あの~、ホームページにも書いてあるんですけど、うちの病院は40歳以上の分娩は受け付…

染色体異常の確率

前の記事では流産の確率についてお伝えしましたが。。。 今度は染色体異常のお話。 母親の体内にある卵子は、生まれてくるときには既にあるもので、歳とともに老化していく。。。というのは、最近はわりと知られている話かと思います。 母親が30歳なら、卵…

流産の確率

漠然と「高齢出産って心配」などと思っていても仕方がないので、データを探してみました。 育児ログというサイトから 厚生労働省 「不妊に悩む方への特定治療支援事業等のあり方に関する検討会」報告書について(平成25年) というページを見てみたところ、…

「ハイリスク妊娠」とは?

高齢妊婦さんは「ハイリスク」と言われます。 リスクが高いってどういうこと?と思ったら。。。 「妊娠リスクスコア」なるチェックリストによると、 出産時40歳以上はそれだけで「5点」加算、 点数が4点以上で 「ハイリスク妊娠に対応可能な病院(周産期…

高齢出産って何?

「高齢出産って大丈夫?」という不安。。。我が身に起きてみると、やっぱり感じます(^^; そこで、まずは高齢出産ってどういうもの?と調べてみることに。 日本産科婦人科学会によると 「高齢出産とは、35歳以上の初産婦(高齢出産(高年初産))と定義されて…

まさかまさか、の妊娠

そろそろ子どもが欲しいなぁ、と思っていたら娘を授かったのが33歳の時のこと。 兄弟もいた方が楽しいだろうなぁ、と思っていたら息子を授かったのが37歳のこと。 賑やかに育児生活を過ごし、40歳を過ぎ、下の子が小学生になり、夫+私+子ども2人の…