44歳で妊娠した話

2018年、44歳で自然妊娠、45歳で出産しました。

で、何歳で産めばいいのか?という話

年齢が上がるほどに流産や染色体異常の確率が上がる。。。ということは前に書きました。
それじゃ、一体いつ産めばいいのよ?という話ですが。

染色体異常の確率を考えると、20代後半~30代前半がオススメです。異常の確率が低い年代ですので。

ただ、母体に特に問題が無くても、妊娠7~8件に1件は流産となるそうなので、35歳で妊娠!→流産、となると次の妊娠は30代後半に突入してしまいますね。
ですから、もう少し早めの方が安心できそうです。
2人目、3人目も欲しくなるかもしれないので、やはり初めの子は早めに産んでおいた方がいいですし。

 

20代後半以降、なるべく早めに1人目を!というのが私の結論です。

40代で元気なお子さんを産む方も、もちろんいらっしゃいます。
45歳で産んだジャガー横田さんのような方もいれば、30歳で不妊治療しても授からない方もいます。

でも、これだけは確実なのは、「40歳のあなた」よりは「30歳のあなた」の方が無事に元気な赤ちゃんを埋める確率が高いです。
もし欲しいのなら、先送りしない方がいいのかな。。。と思います。

 

なぁんてあれこれ書きましたが、当の私は結婚した時点で29歳、今は44歳妊婦ですので(^^;、結局は授かり物は神様次第ですけどね。相手が必要ですし、相手の考えもあるでしょうし。

 

 

 

20代~30代は、社会人としての生活、仕事のキャリアとの両立など悩む年代かとは思いますが、この人手不足の時代、きちんと仕事をして周囲の信頼を得ることができれば「産後戻ってきてね」と言ってもらえるはずですし、言ってもらえないようなら子育てと両立しやすい職場に移るのも手です(^^)

 

 

ブログランキングに参加してみました。よろしければポチッと押してみてください♪

にほんブログ村 マタニティーブログへ

にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク妊娠・出産へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ